猫にゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕張支線備忘録2018橋梁トンネル編

<<   作成日時 : 2018/06/06 00:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

第二回目は橋梁とトンネルです。
橋梁については網羅したつもりでしたが
結構見落としていたのがあったらしく
これは宿題になりました。
トンネルは一か所だけです。
とりあえず新夕張駅側からカウントします。
一番 夕張川橋梁
正式名称不明です。近くの石勝線のはでかでかと
夕張川橋梁と書かれていますが同じ名称ではないはずです。
画像

現在の橋梁は付け替えされたものです。
新夕張駅が紅葉山駅だったころは手前のルートを
渡っていました。駅が移動したので新しく
現在の位置に設けられました。
画像

二番 マヤチ川橋梁
沼ノ沢駅の手前にあります。
全長84.2m
画像

沼ノ沢駅側には橋の手前まで引き込み線があります。
現在は途切れて使用不可です。
画像

画像

三番上迷地川橋梁
沼ノ沢駅出の先、高台を走る途中にあります。
どうろからも良く見えます。
全長9.1m
画像

文字は読めません
画像

画像

四番第一夕張川橋梁
夕張川を二回目に渡る橋です。
全長102.9m
画像

画像

画像

画像

手前側にもう一つの橋梁用の基礎が残っています。
画像

画像

五番第八志幌加別橋梁
南清水沢駅と清水沢駅の中間にあります。
全長45m
老朽化がかなり進んでいる橋梁です。
画像

画像

画像

画像

画像

六番第七志幌加別橋梁
全長59.7m
清水沢の町はずれにあります。
画像

画像

画像

雪景色
画像

複線時代の遺構があります。
画像

画像

七番第六志幌加別川橋梁
トンネルの手前。木々が生い茂っていて
全体を見渡せません。
全長46m。
画像

画像

画像

八番第五志幌加別川橋梁
鹿ノ谷を出て夕張までの間にある唯一の橋梁です。
画像

雪景色。手前ひだりの木が生えているところは
夕張鉄道の橋梁跡です。
画像

画像

ここも複線時代の名残が降りますが、橋げたも残っている
のはここだけです。
画像

画像

夕鉄の基礎
画像

確認できたのは8本でしたが、小さいのも入れると
14本あるそうです。だいたい2m程度の物なので
見落としていたようですのでこれについては
次回に調べます。
そしてトンネル
稚南部トンネル
画像

現在トンネル内は状態がよろしくないようで
ここは徐行運転での通過になっています。
画像

複線時代の一本は現在使用されていません。
トンネルの名称が稚南部となっているのが
良く分からないです。この辺りは若菜という場所ですが、
かつては若鍋と呼ばれていて、この奥に古い炭鉱が
ありました。若鍋はアイヌ語でワッカ・ナム・ペッ(水・冷たい・沢)
から来たものですが、鍋が火につながるという事で
若菜辺と改称しその後、若菜となりました。

とりあえず夕張支線の設備などはこれで網羅できました。
短い橋梁が調べつくしてなかったので秋にまた
再調査する予定です。

次はいよいよ各駅の紹介です。
あと土砂崩れの現場なども。
つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夕張支線備忘録2018橋梁トンネル編 猫にゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる