猫にゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕張支線備忘録2018駅舎編前編

<<   作成日時 : 2018/06/07 23:14   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ駅舎です。
必然的に枚数が多くなりますので前後編に分けます。
前編は新夕張駅から中間のターミナル駅の清水沢までです。
まずは新夕張駅
紅葉山駅時代からの夕張の窓口ともいうべき駅です。
画像

土を盛って作った駅で、この下のスーパーやバス停があるところが
紅葉山駅だったところです。
左上 駅待合室。駅員が常駐しているのはここだけになっています。
右上、かつては売店がありましたが数年前に
それも無くなりました。
下段 料金表。来年にはここの駅名も減るという。
すでに貼り足してあるのは十三里駅が廃止になったからです。
画像

2011年5月27日に列車火災の事故があり、
石勝線は一時不通になっていました。
画像

そのせいか普段見られない車両が停車中が見られました。2011,年撮影
画像

こちらも2011年撮影
画像

支線の始発は追分から二両でやって来てここでそれぞれ夕張行きと
千歳行きに分かれます。
画像

夕張から来た上り。左夕張、右が新得です。
画像

この駅には0番線がありました。登川支線のものでしたが
今年になって無くなっているのに気が付きました。
画像

新夕張駅は無くなりませんが、あちこち変わっている
のが目につきました。
次は沼ノ沢駅です。
画像

ここからは真谷地支線が出ていました。ホームは対面にあり、
現在は冷凍食品工場の敷地になっています。
写真左上 駅舎の左半分はレストランになっています。
駅舎は解体されるのか?その時レトランはどうなるのか?
右下 乗降場のプレートがホームにあります。
画像

画像

操車場跡のレールが一部残っていましたが、現在は
すべて撤去されています。
この駅対面には夕張新鉱という炭鉱の石炭プラントが
ありました。その石炭の積み込みもここで行われていました。
画像

画像

次は南清水沢駅です。
画像

この駅は現在も利用頻度は多い方です。というのも近くに学校が
あるからです。夕張市は現在小中高をそれぞれ一つに
集約したためにここ南清水沢が中高生の利用駅となっています。
また嘱託の係がいて切符販売も行っている唯一の駅です。
画像

ホームから新夕張方面。
画像

同じく清水沢方面
画像

南清水沢駅を出る上り最終
画像

次は清水沢駅
画像

清水沢駅は大夕張からの三菱大夕張鉄道の始発駅としても
利用されていました。ただ、開通時はまだ乗り入れていなく
ここから850m離れた場所に駅を設け乗り換えには徒歩で移動しなければ
なりませんでした。その後この駅に乗り入れました。
画像

ここには数年前まで駅員がいました。
左上 窓口の営業していたころ
右上 その後廃止
左下 切符の買えなくなった窓口
右下 売店もかつてはありました。自販機の左側。
画像

大夕張鉄道のホームは駅舎のすぐ前でした。2004年撮影
画像

操車場跡のためひろい構内。2004年撮影
構内の跨線橋はこの撮影した年の数年後に
撤去されました。現在はありません。
画像

この駅は支線の中で唯一列車交換のできる駅
でしたが、2004年に内側のレール
が撤去されました。
画像

近くの踏切の先には引き込み線跡が
残っています。
画像

線路が外側のみになって構内の跨線橋も撤去
されたので駅舎から地上を連絡通路が設けられました。
画像

春の駅
画像

そして雪景色
画像

画像

画像

下り最終
画像

山間を分け入るように夕張駅を目指します。
画像

後編に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夕張支線備忘録2018駅舎編前編 猫にゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる