猫にゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福井、舞鶴、大阪 三都物語2018 前編

<<   作成日時 : 2018/10/26 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近畿方面の溜まっていた用事を一挙に
消化すべく一泊二日(バス泊入れると二泊二日)
の旅に出ました。
時間は10月19日金曜の夜に戻ります。
スタートは東京駅八重洲口高速バス乗り場。
ここから福井方面行のバスに乗ります。
何か行きたいところのバスが意外にあるので
ちょっとびっくりです。
画像

降りたのはここです。正確にはこの近くの武生(たけふ)インターチェンジの
バス停ですが。そこから田んぼのあぜ道を北陸新幹線の
工事現場を横目に行くこと30分。念願のお寺に
着きました。午前6時半
画像

寺の名前は御誕生寺(ごたんじょうじ)と言います。
画像

回りは田んぼと民家で、町はずれもイイトコの
ど田舎のお寺ですが、知る人ぞ知る
猫寺と言われています。
画像

境内にうにゃうにゃいます。
画像

画像

画像

保護猫などで人懐っこいのもいますが、基本
人見知りです。
画像

画像

お布施代わりにキャットフードを奉納しました。
猫の餌が手土産は初めてでした。
画像

画像

ここは最寄りの駅からも徒歩だと一時間かかる
ところで、バスは土日は二本しか走ってません。
取敢えず堪能したので、9時半のバスで一番近い
武生駅に行きます。
画像

この町は交通の要所の感じがします。年期入った
建物が道路沿いに沢山あります。
画像

道路には融雪装置。雪国ですね。
画像

福井駅に移動しますが、JRもいいですが、ここはあえて
福井鉄道で。
画像

路面電車ですね。
画像

始発の越前武生駅からしばらくは一般の鉄道
の感じで走ってますが、福井市内に入ると
路面電車然になります。
画像

車両は今風のもあるようですが、タイミング悪くて
見られませんでした。
画像

JR福井駅から九頭竜線に乗ります。
この列車が本数がとんでもなく少なく
スケジュールのネックになりました。
降りたのは乗って1時間ほどの下唯野駅。
画像

見ての通りの無人駅です。
画像

ここから徒歩で約10分ほど歩きますと、
ありました、これです。
画像

猫耳のように見える山。これをネッとで
見つけて行ってみたいと調べたら福井だったという。
画像

あまり長いもしていられないので撮るだけ撮ったら
すぐに元来た道を引き返してさっき乗った列車の
登りに乗ります。
画像

福井に戻ったら夕方で、ここから北陸本線
と小浜線を乗り継いで舞鶴に移動します。
画像

東舞鶴駅に着いたら真っ暗。ホテルに泊まり
土曜のスケジュールは何とか終了です。
翌日曜の朝。早朝から駅前でレンタサイクル
を借りて移動します。
画像

舞鶴には海上自衛隊の舞鶴基地があります。
画像

舞鶴港は7月にロシア海軍が来るので見に行く予定でしたが
大嵐でバスが運休になり行くことができず、函館で
何とか見ることのできたといういわくつきでした。
ロシア海軍はいませんが海上自衛隊の艦艇を見ることが出ます。
画像

その前に行くところがあります。
引揚記念館と桟橋跡です。
戦後に大陸や南方から引き揚げた人たちが
降り立った場所が日本全国にあり、ここもその一つでした。
画像

今あるのは桟橋の復元されたもので、場所もここではありません。
画像

画像

主に使われたのは北桟橋で、もっと奥のところでした。
昭和27年からは手前の南桟橋に移ったそうです。
画像

引揚記念館という施設はあまりないですが、
ここはその中でも規模は大きい方だと思います。
画像

当時の引揚者のおかれた環境や引き上げに
つかわれた船の模型などが展示してありました。
引揚について包括的な資料本が無いのが
残念です。
ここに来るのもバスがやはり本数が無く
レンタサイクル借りた理由の一つでした。
再び舞鶴港に戻ります。
いよいよ艦艇の見学です。
画像

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福井、舞鶴、大阪 三都物語2018 前編 猫にゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる