猫にゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎行脚その4(佐世保編)

<<   作成日時 : 2018/12/11 12:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、長崎とくれば佐世保鎮守府です。
横須賀、舞鶴と来て三か所目に
佐世保鎮守府を訪問しました。
ここでもクルーズ船に乗船します。
画像

佐世保は第七艦隊の艦艇もいますから
どちらを見てもグレーの船だらけ。
まずは米海軍艦艇
画像

画像

画像

海上自衛隊の艦艇
画像

画像

そしてまた米海軍艦艇
画像

画像

一日一回しか出港しないので乗船時間は外せません。
これの運行時間で佐世保市内でのスケジュールが
決まってしまいます。船は時計と逆回りで湾内を
一周します。この日はそれほど揺れなかったです。
造船所のドックでは建造中
画像

画像

ここが佐世保湾の出入口。けっこう狭い。
画像

針尾山の送信施設跡。見学もできるそうです。
画像

海上自衛隊の学校
画像

昔の桟橋跡
画像

ダメコンの訓練施設
画像

そして浦頭引揚所を海から見ます。
大陸方面東南アジア方面の引揚者の最初に降り立つ場所です。
ここは後で陸側からも見ます。
画像

民家風の建物は戦前日本海軍が弾薬庫として使用
していたもので現在は米海軍が使用しています。
周囲の針山は避雷針。
画像

海自艦艇
画像

画像

画像

画像

なぜか一般の桟橋に接岸しているあまくさ
一般公開しているわけではありません。
画像

クルーズ終わって、先ほど見た浦頭引揚所
に行くためにあわててバス停まで走ったら定刻
ぎりぎり間に合うかと思ったら5分遅れで来ましたよ。
走ったのにぃ。
佐世保市内から路線バスで約一時間。
着きました。ここが浦頭引揚所です。
画像

湾内を望む。当時はここにたくさんの船と引揚者
の方々がいたところ。今は静かな漁村的な感じでした。
画像

道路が新しくできたり、護岸も埋め立てが進み
当時の面影もよくわからないですが、この広場は
検疫所跡らしいです。
画像

近くの丘に引揚記念館があります。
中は撮影可能でした。
画像

画像

地形模型で解説しています。
画像

所持品や検疫のための器具の数々。
画像

丘の上からみた感じ
画像

アクセスが大変で、ハウステンボスから車なら20分
掛からないですが、バスだと佐世保市内から出るので
数本しかないのをうまくタイミング併せるしかないです。
徒歩は論外だし、レンタサイクルも見つからなかったです。
結局ここに行くのに往復3時間かかりました。
このあと、佐世保市内に戻り、海上自衛隊史料館
通称セイルタワーに行きました。
明治からの海軍、海上自衛隊の歴史が
見られますが、中は全面撮影禁止。
なのでお土産と共に外観のみ。
画像

佐世保市内はあちこちにこうした歴史解説の
銘板があります。これらを見てまわるのも良いですね。
画像

ハウステンボス駅の一つ隣に南風崎駅(はえのさきえき)
と言うのがあります。ここから、復員、引揚者が
鉄道で故郷に帰って行った駅だそうです。
画像

セイルタワー観てから、またハウステンボスに戻って夜の
イングラム見て帰宅の途に就きました。
次は広島方面ですが、長崎も結構この時期
寒かったです。呉行くなら春ですね。
尾道も行きたいし。
以上で長崎弾丸ツァー完結

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎行脚その4(佐世保編) 猫にゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる