長野電鉄の旧屋代線を再び訪ねて(前半)

信濃川田の車両も解体済んだようですが、様子見がてら
屋代線走破してみました。
当日は飯綱山が良く見えました。
画像

時間かかりそうなので深夜バスで早朝から
の移動としました。実質24時間です。
着いたのは高速の上信越道屋代バス停
降りたのは私含めて二人。午前四時半
でまだ真っ暗。
画像

かすかに山の稜線が見えてきましたが
まだ周囲は真っ暗です。人一倍明るいのはコンビニ。
画像

スタート地点の屋代駅到着。
始発もまだでした。
画像

屋代線の跨線橋とホーム。
画像

今回はすでに走破した松代から信濃川田間は
バスでワープします。よって前半は屋代駅から
松代駅までです。
画像

線路はすでに無い物の、スペースだけは
残っているので特定は容易です。
画像

新幹線の下を通る線路の跡。
画像

今から6年前に廃線になったので、道路や
新幹線の立体交差跡もそのままです。
屋代出て初めの駅の東屋代駅跡。
画像

橋梁もサイズがいろいろあって、これは小サイズ。
小川用と言えましょうか。河川などですともっと大がかり
になりますが、用水路などがあるとこのくらいかもっと小さい
ものが掛かってます。銘板はありません。
画像

続いて雨宮駅跡
特に何もなくただの広っぱ状態でした。
画像

デカいのはこんな感じです。
こちらは沢山川橋梁。
画像

画像

高速道路の下を通過するところの橋梁。
銘板が無くなっているようです。
画像

画像

そのすぐ隣にあるのが北山トンネル。
カーブしていて先が見えませんでした。
画像

そして岩野駅跡。ここもスペースが残っているのみでした。
画像

すこし歩くとキロポストかな?残ってました。
画像

象山口駅跡。ここも特に何もなし。
画像

松代町に入りました。
画像

この辺りの桜はまだのようですね。
関東はこの時すでに満開からチリ初めに来ている
時期です。
画像

ここから信濃川田駅まではバスで移動します。
散々歩いたので後半のためにも体力温存です。
画像

信濃川田駅到着してみますと、聞いてみた通り
車両はあらかた解体済み。1000系の1/3がブルーシートに
包れて置かれています。
画像

4/6でつぼみはまだこのくらい。
画像

中には机が置かれていました。
画像

これで2/3は走破したことになります。
後半戦は後程。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック